もしかしたらトラウマになってしまうかもしれない!子供のわきが・原因はなに?対処方法は? | 美容外科 美容整形 医療レーザーの岡山中央クリニック

0120-088-460受付時間:9:30−19:00診療時間:10:00−18:00

カウンセリング予約 メール相談

もしかしたらトラウマになってしまうかもしれない!子供のわきが・原因はなに?対処方法は?

最終更新日:
公開日:

子供のわきが

 

最近、思春期を迎えた我が子の体臭が気になるようになった…。これはもしかすると、わきが?と悩んでいる親御様もおられるのではないでしょうか。近年、いじめの問題がクローズアップされる機会が多くなりましたが、その原因のひとつに挙げられることもあるのが、わきがの問題です。

 

わきがは、お子さんご自身が気づいて対処しようとしたのであれば、早い段階で手を打つことができます。ところが、お子さんご自身が自分の臭いに気がつくことができなかった場合では、いつまでもその状態を放置することになり、いじめに巻き込まれたり、お友達との関係がぎくしゃくしたりする原因にもなりかねません。

 

そうならないためにも、お子さんのわきがに気がついたときから、何らかの策を講じたほうが望ましいといえるでしょう。

 

子供のわきがってなにが原因なの?

 

わきがの原因は、大きく以下の3種類に分類されています。

 

遺伝

 

両親のいずれか、あるいは両方がわきがの場合、遺伝の影響を受けてお子さんもわきがになる可能性があります。

 

アポクリン線の発達

 

私たちの体内には、エクリン腺とアポクリン腺という2種類の汗腺が存在しているのですが、わきがの直接原因となるのはアポクリン線です。では、アポクリン腺がどうしてわきがの原因になるのでしょうか?

 

それは、エクリン線から分泌されてくる成分の大半が水分であるのに対し、アポクリン線から分泌されてくるのは水分だけではなく、タンパク質、脂質、糖質などの成分が含まれており、それらを好物とするコリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌などが繁殖しやすくなるからです。

 

これらの菌によって分解された汗腺から分泌された成分は特有の臭いを放ち、これが俗にいう「わきが臭」となります。アポクリン線は、赤ちゃんの頃には機能していません。しかし、第2次性徴を迎える頃になると急激に発達し、その数がもともと多かった場合、わきが体質となってしまうことがあります。

 

食生活

 

食の欧米化に伴い、私たち日本人の食生活には変化が起こり、肉や乳製品を摂取する機会が増えてきました。実は、これらの食品はアポクリン線を刺激するといわれ、過剰に摂取した場合には体臭に悪影響が及ぶこともあると考えられています。

 

子供のわきがはこうやって対処しましょう

 

わきがはとてもデリケートな問題ですが、放置していても自然に改善されることはありません。以下の方法で改善を目指してみましょう。

 

わきが対策化粧品でケア

 

ドラッグストアや通販などでは、わきが対策用のデオドラント製品が販売されています。程度が軽いわきがであれば、まず、この方法を試してみましょう。

 

美容外科クリニックでの治療

 

アポクリン線を取り除く、剪除法(せんじょほう)という治療法が一般的とされていますが、この方法は脇の下の皮膚を切開するため、傷跡が残ります。つまり、お子さんの将来を考えた場合、あまりおすすめできない方法です。

 

そしてもうひとつ、ビューホットという方法があり、この方法であれば傷跡を残すことなくわきがを改善することができます。つまり、思春期のお子さんに適した方法であるといえるでしょう。

 

ビューホットは美容外科クリニックで取り扱いがある治療です。お子さんが嫌がらないのであれば、カウンセリングを受けてみるといいでしょう。

 

また、お子さんが治療を怖がってしまった場合、とりあえずの治療法としてボトックス注射があります。この方法は永続的なわきが改善効果を期待することはできませんが、痛みもダウンタイムもありませんので、お子さんが恐怖心を持つことなく、治療を受けることができるはずです。

 

子供を傷つけないための工夫も大切です

 

子供のわきが

 

思春期のお子さんはとてもデリケートです。わきがで傷ついてしまうと、それがのちのちのトラウマとなってしまうことも考えられます。

 

お子さんの体臭が気になったら、まず制汗剤を渡して「ちょっと臭うよ」程度の会話で、さりげなくお子さんに自分の臭いを気付かせてあげましょう。

 

また、治療も強引に勧めてしまっては逆効果になります。「気が向いたら病院で診てもらわない?」というように、自然に病院のカウンセリングに持っていくことが望ましいといえるでしょう。

 

おわりに

 

ワキガはとてもデリケートな問題です。それだけに、お母さんのひと言でお子さんが傷ついてしまう可能性も考えられます。

 

お子さんのワキガを改善したいのであれば、まずは焦ることなく、お子さんに自分の臭いを気付かせるところから始め、上手に病院に誘導しましょう。

クリニックのご案内

住所
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1丁目2-1MKビル1F
(JP岡山駅から徒歩3分)
電話番号
0120-088-460
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)

岡山中央クリニック当院は完全予約制となっております。お電話・インターネットよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ0120-088-460
  • インターネットでのお問い合わせカウンセリング予約 メール相談

診療内容

お肌

しみ・そばかす・美肌・肝斑・色素沈着について
光治療
レーザー治療
アクシダーム
ベビーピール・ミックスピール プラス
ダーマペン ÜBER
肝斑の治療
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
ニキビ・ニキビ跡について
ダーマペン ÜBER
ベビーピール
ミックスピール プラス
ピコフラクショナルレーザー
しわ・たるみについて
マイクロボトックスリフト
ヒアルロン酸注入
ミラクルショット
ボツリヌストキシン注射
脂肪注入
フィラーリフト
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
糸によるリフト
ピコフラクショナルレーザー
メディオリフト
目尻を上げる
フェイスリフト
脱毛について
医療レーザー脱毛
男性用脱毛
タトゥー除去・ほくろ
リストカットについて
ほくろ、イボ(レーザー治療、切開法、電気凝固法)
タトゥー除去
リストカット、根性焼き(傷跡修正)

ボディ

豊胸・バストについて
1dayバストアップ/プチ豊胸/脂肪注入
豊胸手術/バッグ入替
乳房再建(失った胸を再現)
陥没乳頭/乳頭縮小/乳輪縮小
乳房挙上、乳房縮小
瘦身・ダイエットについて
ウルトラダイエット
インナーB(脂肪溶解注射)
アクシダーム
脂肪吸引
ふくらはぎ瘦身注射
食欲抑制剤
わきが・多汗症について
汗止め注射、わきが、多汗症手術、ビューホット
婦人科形成について
婦人科治療
切らない膣縮小(尿失禁治療)

目元・二重について
二重まぶた(埋没法)
二重まぶた(切開法)
上まぶたの脂肪取り
二重を広くする・二重の修正
目幅を広くする(目頭切開)
眼瞼下垂
涙袋をつくる
目元のたるみ・クマについて
目の上・上まぶたのたるみ取り
目の下・下まぶたのたるみ取り
上まぶた、下まぶたのくぼみ
クマ取り(下まぶたの脂肪取り)
脂肪注入
鼻・あごについて
鼻を小さくする(BNLS)
鼻を高く・プロテーゼを入れる・耳軟骨移植
団子鼻
小鼻縮小
小鼻の広がりを抑える
(ボツリヌストキシン注射)
わし鼻
プロテーゼ入替
鼻尖形成(オステオポア)
小顔・輪郭形成・脂肪溶解注射について
こめかみ形成(エランセEタイプ 4年持続)
ホホをふっくらさせる(ヒアルロン酸注入)
BNLS注射
アクシダーム
エラ筋肉抑制注射
小顔リフト(糸リフト)
その他
(口唇・耳)について
ガミースマイル
立ち耳
唇を薄く・唇を厚く
ヒアルロン酸分解

その他

女性薄毛治療について
HARG(ハーグ)療法・育毛シャンプー
内服薬・外用薬・まつ毛の増毛
コスメについて
エクスターナルシリーズ・プラセンタシリーズ・サプリメントシリーズ
美容点滴
美容注射について
にんにく注射、ビタミン注射、プラセンタ注射、最強美白点滴、美容カクテル、ダイエット点滴
サプリメント
内服薬・外用薬について
サプリメント、内服薬、食欲抑止剤
外用薬
その他
(でべそ・ピアス)について
でべそ
ピアス穴あけ
ピル外来
  • スタッフブログ
  • @okayamachuoh
  • Facebookもチェック
  • instagram
  • 友達追加で最新情報をいち早くお知らせ@okayama-chuoh
  • 保護者同意書ダウンロード
  • 医師募集