握手ができない、靴を脱げない、そんなときには? | 美容外科 美容整形 医療レーザーの岡山中央クリニック

0120-088-460受付時間:9:30−19:00診療時間:10:00−18:00

カウンセリング予約 メール相談

握手ができない、靴を脱げない、そんなときには?

最終更新日:
公開日:

多汗症

 

手や足から分泌される汗の量が異常に多い状態を、多汗症と呼びます。

 

多汗症は、体質的な問題で起こると考えられている症状です。一方で、自律神経系統に発生した不具合が原因となって起こるとも考えられています。

 

多汗症の特徴は、特に運動したわけではないのに、自動的に流れるような汗が分泌されてくるという点です。これにより、生活のあらゆるシーンで困ることもあります。

 

それでは、多汗症の原因もう少し詳しく掘り下げて行くとともに、多汗症を解決するためにはどのような方法があるのか、ご説明させていただきますので参考にしてください。

 

手汗や足の裏の汗って何が原因なの?

 

多汗症が起こる原因は、おもに以下の3種類によるものだと考えられています。

 

ストレス

 

社会生活を営む上で、避けて通ることができないのがストレスです。

 

人によっては、ストレスを感じたとしても、うまく回避することができる方がいらっしゃいます。しかし、そうでない方も多く、ストレスをうまく回避することができない状態がいつまでも続くと、やがて自律神経に悪影響が及んでしまうことがあるのです。

 

ストレスは目に見えないだけに、手ごわい相手です。そして、慢性的にストレスを抱え込み、それがどんどん膨らみ続けると、自覚症状なしに身体中の筋肉が緊張して、手汗や足の裏の汗の問題だけてはなく、血行不良が起こってしまうことも考えられます。

 

自律神経の乱れ

 

自律神経は、交感神経と副交感神経から成り、交感神経には脳を覚醒させる作用や興奮状態を作り出す作用、副交感真剣には精神安定の作用があります。

 

そして、ストレスによって交感神経の働きが活発になってしまうと、極度の精神不安や緊張した状態が続くことがあり、これが手汗や足の裏の汗の分泌量を増やす原因になるといわれているのです。

 

また、自律神経の乱れは、ストレスだけではなく、加齢によって起こることもあり、更年期障害という形で表面に現れてくることもあります。

 

精神性発汗

 

ストレスとも関連性がありますが、ストレスで大きな不安を感じることが多い方の場合、不安感を覚えると同時に、手足や足の裏だけではなく、全身から発汗することもあります。

 

これもまた、一時的に交感神経の働きか活発になることが原因であるといわれていますが、精神的不安で、なぜ交感神経の働きが活発になるのか?という問題については、現在のところ、はっきりと解明されていません。

 

手汗や足の裏の汗が多いとこんな問題が…

 

手汗で最も困るのは、触るものがいちいち濡れて、ベタベタになってしまうという点でしょう。このように手汗が多いと、うかつに他人の持ち物に触ることができないばかりか、握手をすることもできません。

 

そして、足の裏に大量の汗をかいていると、パンプスの内側がぐっしょりと濡れてしまう、雑菌の繁殖によって嫌な臭いが発生しやすくなるなどの問題が出てくる可能性も広がります。

 

それでは次に、手汗や足の裏の汗を改善する方法について、ご紹介しましょう。

 

手足や脚の裏の汗を改善するには?

 

多汗症

 

手汗や足の裏の汗は、セルフまたは美容外科クリニックなどの医療機関での治療で改善することができます。

 

セルフケアの方法

 

手足や足汗専用のパウダーやクリームでケアを行うという方法があります。このような製品は、おもにインターネットの通販で購入することができ、手汗や足汗に悩む方々の口コミも上々です。

 

ただし、これらの方法は、重症度が高い多汗症の方への対応は難しいかもしれません。

 

美容外科クリニックでの治療

 

ボトックス注射、またはビューホットで、手汗や足の裏の汗の改善を行うことができます。これらの治療法を比較した場合、お手軽なのは注射器1本で治療が終了するボトックス注射です。

 

ところが、この治療法は効果の持続期間が短く、効果がなくなった時点で再治療を行わなくてはならないというデメリットを持っています。

 

一方、ビューホットは、特殊な治療器を用いて皮下のアポクリン線やエクリン線を破壊する方法です。1~2回程度の治療で、ほぼ永続的な効果期待することができるというメリットを持っています。

 

このような理由から、手汗や足の裏の汗を治療でしっかりと改善したいのであれば、ビューホットのほうがおすすめです。

 

おわりに

 

汗かきというレベルを超えて、生活に支障をきたす原因にもなりうるのが、手汗や足の裏などに大量の汗をかく、多汗症です。

 

多汗症は放置していて自然治癒する症状ではありませんので、手足や足の裏の汗でお悩みの方は、セルフケアまたは美容外科クリニックでの治療で、いち早く症状を改善しておくことが望ましいといえるでしょう。

クリニックのご案内

住所
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1丁目2-1MKビル1F
(JP岡山駅から徒歩3分)
電話番号
0120-088-460
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)

岡山中央クリニック当院は完全予約制となっております。お電話・インターネットよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ0120-088-460
  • インターネットでのお問い合わせカウンセリング予約 メール相談

診療内容

お肌

しみ・そばかす・美肌・肝斑・色素沈着について
光治療
レーザー治療
アクシダーム
ベビーピール・ミックスピール プラス
ダーマペン ÜBER
肝斑の治療
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
ニキビ・ニキビ跡について
ダーマペン ÜBER
ベビーピール
ミックスピール プラス
ピコフラクショナルレーザー
しわ・たるみについて
マイクロボトックスリフト
ヒアルロン酸注入
ミラクルショット
ボツリヌストキシン注射
脂肪注入
フィラーリフト
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
糸によるリフト
ピコフラクショナルレーザー
メディオリフト
目尻を上げる
フェイスリフト
脱毛について
医療レーザー脱毛
男性用脱毛
タトゥー除去・ほくろ
リストカットについて
ほくろ、イボ(レーザー治療、切開法、電気凝固法)
タトゥー除去
リストカット、根性焼き(傷跡修正)

ボディ

豊胸・バストについて
1dayバストアップ/プチ豊胸/脂肪注入
豊胸手術/バッグ入替
乳房再建(失った胸を再現)
陥没乳頭/乳頭縮小/乳輪縮小
乳房挙上、乳房縮小
瘦身・ダイエットについて
ウルトラダイエット
インナーB(脂肪溶解注射)
アクシダーム
脂肪吸引
ふくらはぎ瘦身注射
食欲抑制剤
わきが・多汗症について
汗止め注射、わきが、多汗症手術、ビューホット
婦人科形成について
婦人科治療
切らない膣縮小(尿失禁治療)

目元・二重について
二重まぶた(埋没法)
二重まぶた(切開法)
上まぶたの脂肪取り
二重を広くする・二重の修正
目幅を広くする(目頭切開)
眼瞼下垂
涙袋をつくる
目元のたるみ・クマについて
目の上・上まぶたのたるみ取り
目の下・下まぶたのたるみ取り
上まぶた、下まぶたのくぼみ
クマ取り(下まぶたの脂肪取り)
脂肪注入
鼻・あごについて
鼻を小さくする(BNLS)
鼻を高く・プロテーゼを入れる・耳軟骨移植
団子鼻
小鼻縮小
小鼻の広がりを抑える
(ボツリヌストキシン注射)
わし鼻
プロテーゼ入替
鼻尖形成(オステオポア)
小顔・輪郭形成・脂肪溶解注射について
こめかみ形成(エランセEタイプ 4年持続)
ホホをふっくらさせる(ヒアルロン酸注入)
BNLS注射
アクシダーム
エラ筋肉抑制注射
小顔リフト(糸リフト)
その他
(口唇・耳)について
ガミースマイル
立ち耳
唇を薄く・唇を厚く
ヒアルロン酸分解

その他

女性薄毛治療について
HARG(ハーグ)療法・育毛シャンプー
内服薬・外用薬・まつ毛の増毛
コスメについて
エクスターナルシリーズ・プラセンタシリーズ・サプリメントシリーズ
美容点滴
美容注射について
にんにく注射、ビタミン注射、プラセンタ注射、最強美白点滴、美容カクテル、ダイエット点滴
サプリメント
内服薬・外用薬について
サプリメント、内服薬、食欲抑止剤
外用薬
その他
(でべそ・ピアス)について
でべそ
ピアス穴あけ
ピル外来
  • スタッフブログ
  • @okayamachuoh
  • Facebookもチェック
  • instagram
  • 友達追加で最新情報をいち早くお知らせ@okayama-chuoh
  • 保護者同意書ダウンロード
  • 医師募集