わきがは自力で治す?それともクリニック? | 美容外科 美容整形 医療レーザーの岡山中央クリニック

0120-088-460受付時間:9:30−19:00診療時間:10:00−18:00

カウンセリング予約 メール相談

わきがは自力で治す?それともクリニック?

最終更新日:
公開日:

わきが治療

 

「なんとなく他人が自分を避けているような気がする」このような理由から、ご自身のわきがに気付いたという方は多いのではないでしょうか。

 

わきがは遺伝による影響を受けやすいといわれていますが、生活環境やストレスが災いして起こることもあります。いずれの場合であっても、わきがに気がついたのであれば、いち早く改善する方法を見つけ出さなくてはなりません。

 

それでは、わきがを自力で改善する方法、そして、クリニックで治療する方法をご紹介します。

 

わきがって自力で治せるの?

 

結論からお話ししますと、完全にわきがを自力で治すことは難しいでしょう。というのも、わきがは脇のアポクリン線から分泌されてくる汗やその他の分泌物によって起こるものであり、アポクリン線を破壊してしまわない限り、改善は難しいとされているからです。

 

ですが、わきがの臭いを抑える方法がないわけではなく、わきが用のクリームを使用すると、高い確率でわきがの臭いを抑えることができます。

 

また、普段摂取している食品がわきがを引き起こしている可能性も否めません。身体の内側からわきがを改善してことも有効なので、摂取する食品にも気を使いましょう。

 

わきがと食品の関係について

 

食品と体臭は大きな関わりを持つといわれており、普段摂取している食品がわきがを悪化させている場合があります。

 

わきがになりやすい食品

 

一般的に、高タンパク・高脂質・糖分を多く含む食品は、わきがを誘発したり悪化させたりする可能性があると考えられています。タンパク質・脂質・糖分などの栄養素は、私たちが健康を維持する上で欠かすことができません。

 

ですが、食事の内容がこれらの栄養素に偏ると、わきがを誘発したり、悪化させたりする可能性が広がるということです。

 

わきがの改善に役立つ食品

 

梅干しなどのアルカリ性食品や、ビタミン類などの栄養素が、わきがの改善に役立つといわれています。

 

ただし、これらの食品を多く摂取しても、根本的にわきがを治すことはできず、軽減レベルに留まるということを知っておきましょう。

 

おすすめはクリニックでの治療です

 

チチガ治療

 

美容外科クリニックでは、レーザー治療やボトックス注射などでわきがを改善することが可能です。

 

また、わきがのレベルによっては、アポクリン線の切除手術などの治療が必要になることもあります。

 

クリニック治療のメリット

 

その場の臭いを抑えるのではなく、わきがの原因となるアポクリン線に切除、または破壊することができますので、根本的にわきがを改善することが可能です。

 

また、美容外科クリニックでは、患者さんの体質やわきがのレベルによって、最も適切な治療法を提案してくれますので、自力で頑張るよりも、はるかに合理的にわきがを改善することができます。

 

クリニック治療のデメリット

 

わきがの治療は自由診療で自費となりますので、高額な治療費を必要とするというデメリットがあります。また、治療を行っても再発率はゼロ%ではなく、数年後になって再発する場合もあるでしょう。

 

美容外科クリニックでわきが治療をお考えの方は、わきが治療を行っても、絶対に再発しないということではないということを、まずは頭に入れておいてください。

 

とはいえ、もちろんかなりの改善が見込まれますし、選択した治療内容にもよりますが、多くの場合、再発することはありません。ただし、これは患者さんの体質やライフスタイルによりますので、実際に治療を受けてみないとわからない部分ではあります。

 

もし再発が気になる方は、まずカウンセリングを受けて、その旨を伝えてください。

 

おわりに

 

食生活の改善は、多少なりともわきがの改善に役立ちます。ですが、食生活の改善だけで、自力でわきがを治すことは難しいと考えられ、根本的にわきがを改善して行くのであれば、やはり、美容外科クリニックなどできちんと治療を行うことがベストです。

 

一時的に臭いを抑えるだけであれば、わきがクリームで対応することもできます。しかし、きちんとわきがを治したいのであれば、まずは美容外科クリニックに相談し、治療を前向きに検討することが望ましいといえるでしょう。

クリニックのご案内

住所
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1丁目2-1MKビル1F
(JP岡山駅から徒歩3分)
電話番号
0120-088-460
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)

岡山中央クリニック当院は完全予約制となっております。お電話・インターネットよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ0120-088-460
  • インターネットでのお問い合わせカウンセリング予約 メール相談

診療内容

お肌

しみ・そばかす・美肌・肝斑・色素沈着について
光治療
レーザー治療
アクシダーム
ベビーピール・ミックスピール プラス
ダーマペン ÜBER
肝斑の治療
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
ニキビ・ニキビ跡について
ダーマペン ÜBER
ベビーピール
ミックスピール プラス
ピコフラクショナルレーザー
しわ・たるみについて
マイクロボトックスリフト
ヒアルロン酸注入
ミラクルショット
ボツリヌストキシン注射
脂肪注入
フィラーリフト
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
糸によるリフト
ピコフラクショナルレーザー
メディオリフト
目尻を上げる
フェイスリフト
脱毛について
医療レーザー脱毛
男性用脱毛
タトゥー除去・ほくろ
リストカット・帝王切開痕について
ほくろ、イボ(レーザー治療、切開法、電気凝固法)
タトゥー除去
リストカット、根性焼き(傷跡修正)
帝王切開痕の治療

ボディ

豊胸・バストについて
1dayバストアップ/プチ豊胸/脂肪注入
豊胸手術/バッグ入替
乳房再建(失った胸を再現)
陥没乳頭/乳頭縮小/乳輪縮小
乳房挙上、乳房縮小
瘦身・ダイエットについて
ウルトラダイエット
インナーB(脂肪溶解注射)
アクシダーム
脂肪吸引
ふくらはぎ瘦身注射
食欲抑制剤
わきが・多汗症について
汗止め注射、わきが、多汗症手術、ビューホット
婦人科形成について
婦人科治療
切らない膣縮小(尿失禁治療)
大陰唇ヒアルロン酸注入・大陰唇脂肪注入手術

目元・二重について
二重まぶた(埋没法)
二重まぶた(切開法)
上まぶたの脂肪取り
二重を広くする・二重の修正
目幅を広くする(目頭切開)
眼瞼下垂
涙袋をつくる
目元のたるみ・クマについて
目の上・上まぶたのたるみ取り
眉下リフト
目の下・下まぶたのたるみ取り
上まぶた、下まぶたのくぼみ
クマ取り(下まぶたの脂肪取り)
脂肪注入
鼻・あごについて
鼻を小さくする(BNLS)
鼻を高く・プロテーゼを入れる・耳軟骨移植
団子鼻
小鼻縮小
小鼻の広がりを抑える
(ボツリヌストキシン注射)
わし鼻
プロテーゼ入替
鼻尖形成(オステオポア)
小顔・輪郭形成・脂肪溶解注射について
こめかみ形成(エランセEタイプ 4年持続)
ホホをふっくらさせる(ヒアルロン酸注入)
BNLS注射
アクシダーム
エラ筋肉抑制注射
小顔リフト(糸リフト)
その他
(口唇・耳)について
ガミースマイル
立ち耳
唇を薄く・唇を厚く
ヒアルロン酸分解

その他

女性薄毛治療について
HARG(ハーグ)療法・育毛シャンプー
内服薬・外用薬・まつ毛の増毛
コスメについて
エクスターナルシリーズ・プラセンタシリーズ・サプリメントシリーズ
美容点滴
美容注射について
にんにく注射、ビタミン注射、プラセンタ注射、最強美白点滴、美容カクテル、ダイエット点滴
サプリメント
内服薬・外用薬について
サプリメント、内服薬、食欲抑止剤
外用薬
その他
(でべそ・ピアス)について
でべそ
ピアス穴あけ
ピル外来
  • スタッフブログ
  • @okayamachuoh
  • instagram
  • 友達追加で最新情報をいち早くお知らせ@okayama-chuoh
  • 保護者同意書ダウンロード
  • 採用情報
  • 医師募集