ちょうど産休中だからと脱毛を受けるのは危険?妊娠中でも脱毛できるのかについて | 美容外科 美容整形 医療レーザーの岡山中央クリニック

0120-088-460受付時間:9:30−19:00診療時間:10:00−18:00

カウンセリング予約 メール相談

ちょうど産休中だからと脱毛を受けるのは危険?妊娠中でも脱毛できるのかについて

最終更新日:
公開日:

妊娠

 

妊娠すると、子宮は直ちに赤ちゃんが快適に過ごすことができる部屋づくりを開始します。これによって、子宮内膜を厚くする役割を持ったプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量がグンと増え、ホルモンバランスが崩れてしまいがちです。

 

そして、個人差はありますが、プロゲステロンの分泌量が増えるとともに体毛が濃くなることがあります。このことから、妊娠中に脱毛したいと感じることが多くなるでしょう。

 

では、妊娠中には脱毛を受けても大丈夫なのでしょうか?また、この場合では妊娠前と同様の効果を得ることができるのでしょうか?今回は、妊娠と脱毛について考えていきます。

 

結論・妊娠中の脱毛はダメです

 

いきなりがっかりする結論からお話しさせていただきますが、妊娠中には脱毛を受けることができません。それは、以下の理由によるものです。

 

敏感肌になる可能性

 

プロゲステロンの分泌量増加によってホルモンバランスが崩れると、いきなり敏感肌になることがあります。これは一時的な現象で仕方がないことなのですが、このようなお肌の状態で脱毛を受けてしまうと、思わぬ肌トラブルに見舞われてしまうこともあるため、警戒が必要です。

 

毛周期が乱れ、効果が現れにくい

 

体毛は毛周期によって生え変わりを繰り返していますが、ホルモンバランスに崩れが生じると毛周期が乱れ、脱毛効果が現れにくくなります。脱毛は毛周期に沿って受けていく必要がありますので、妊娠中に毛深くなったとしても、そこはじっと我慢です。

 

妊娠中は体調を崩しやすい

 

妊娠初期に現れやすいのがつわりの症状です。つわりには、吐きつわりやよだれつわり、食べつわりなどがあり、どれをとっても脱毛中に症状が現れてしまったら施術を中断せざるを得ません。

 

また、妊娠中の敏感肌に伴い、フラッシュやレーザーによる衝撃をいつも以上に感じ、これが子宮の収縮の原因になることも考えられます。つまり、赤ちゃんを守るためにも、妊娠中には脱毛を受けるべきではないということです。

 

妊娠に気付かずに脱毛を受けてしまった!これって大丈夫?

 

妊娠初期に入ると、生理がストップしたりつわりなどの症状が現れやすくなったりますので、ほとんどの方が妊娠に気付きます。ところが、妊娠超初期では自覚症状がほとんど現れず、妊娠気付かないままで脱毛を受けてしまうということもあるでしょう。

 

そして、これによって赤ちゃんは大丈夫!?という不安が膨らむかもしれませんが、心配は要りません。脱毛を受けたことによって体調が悪化するようなことがなければ、赤ちゃんは元気に成長していると考えることができます。

 

どうしても心配なのであれば、かかりつけの産婦人科に相談し、検査で赤ちゃんの状態を確認してもらうと安心です。

 

出産後に脱毛を開始するタイミングについて

 

出産

 

無事に出産を終えると、どれくらい待てば脱毛を受けることができるのか気になり始めますよね?これについては、脱毛エステや美容外科クリニックによって異なる基準が設けられていますので、以下を参考にするといいでしょう。

 

生理再開後

 

出産後には徐々にホルモンバランスが整い始めます。そして、出産後数カ月したら生理が再開し、このタイミングで脱毛がOKとなることがあります。

 

ただし、表面上は回復したように見えても、実はまだまだホルモンバランスが不安定な状態になっていることがありますので、このタイミングでの脱毛開始はあまりおすすめできません。

 

卒乳後

 

授乳期が終了する時期にはホルモンバランスが出産前に近い状態になっている可能性が高いと考えられます。そろそろ脱毛を開始してもいいでしょう。

 

おわりに

 

妊娠中の毛深さは、単純にプロゲステロンの分泌量が増えることによって起こるため、出産後には自然に元の状態に戻ります。つまり、あまり気にする必要はないということです。

 

妊娠中には、心と身体にさまざまな変化が現れますので、わざわざこの時期に脱毛を受ける必要性はどこにも見当たりません。毛深くなるとちょっと悲しい気持ちになりますが、これは一過性のものですし、赤ちゃんが分厚い子宮内膜に包まれて快適に過ごしていることを考えるのであれば、むしろ喜ぶべきと考えましょう。

 

脱毛は卒乳後からゆっくりと開始すればいいだけの話ですので、妊娠中にはなるべく余計なことは考えず、赤ちゃんのためにもゆったりとした気分で過ごしてくださいね。

クリニックのご案内

住所
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1丁目2-1MKビル1F
(JP岡山駅から徒歩3分)
電話番号
0120-088-460
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)

岡山中央クリニック当院は完全予約制となっております。お電話・インターネットよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ0120-088-460
  • インターネットでのお問い合わせカウンセリング予約 メール相談

診療内容

お肌

しみ・そばかす・美肌・肝斑・色素沈着について
光治療
レーザー治療
アクシダーム
ベビーピール・ミックスピール プラス
ダーマペン ÜBER
肝斑の治療
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
ニキビ・ニキビ跡について
ダーマペン ÜBER
ベビーピール
ミックスピール プラス
ピコフラクショナルレーザー
しわ・たるみについて
マイクロボトックスリフト
ヒアルロン酸注入
ミラクルショット
ボツリヌストキシン注射
脂肪注入
フィラーリフト
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
糸によるリフト
ピコフラクショナルレーザー
メディオリフト
目尻を上げる
フェイスリフト
脱毛について
医療レーザー脱毛
男性用脱毛
タトゥー除去・ほくろ
リストカットについて
ほくろ、イボ(レーザー治療、切開法、電気凝固法)
タトゥー除去
リストカット、根性焼き(傷跡修正)

ボディ

豊胸・バストについて
1dayバストアップ/プチ豊胸/脂肪注入
豊胸手術/バッグ入替
乳房再建(失った胸を再現)
陥没乳頭/乳頭縮小/乳輪縮小
乳房挙上、乳房縮小
瘦身・ダイエットについて
ウルトラダイエット
インナーB(脂肪溶解注射)
アクシダーム
脂肪吸引
ふくらはぎ瘦身注射
食欲抑制剤
わきが・多汗症について
汗止め注射、わきが、多汗症手術、ビューホット
婦人科形成について
婦人科治療
切らない膣縮小(尿失禁治療)

目元・二重について
二重まぶた(埋没法)
二重まぶた(切開法)
上まぶたの脂肪取り
二重を広くする・二重の修正
目幅を広くする(目頭切開)
眼瞼下垂
涙袋をつくる
目元のたるみ・クマについて
目の上・上まぶたのたるみ取り
目の下・下まぶたのたるみ取り
上まぶた、下まぶたのくぼみ
クマ取り(下まぶたの脂肪取り)
脂肪注入
鼻・あごについて
鼻を小さくする(BNLS)
鼻を高く・プロテーゼを入れる・耳軟骨移植
団子鼻
小鼻縮小
小鼻の広がりを抑える
(ボツリヌストキシン注射)
わし鼻
プロテーゼ入替
鼻尖形成(オステオポア)
小顔・輪郭形成・脂肪溶解注射について
こめかみ形成(エランセEタイプ 4年持続)
ホホをふっくらさせる(ヒアルロン酸注入)
BNLS注射
アクシダーム
エラ筋肉抑制注射
小顔リフト(糸リフト)
その他
(口唇・耳)について
ガミースマイル
立ち耳
唇を薄く・唇を厚く
ヒアルロン酸分解

その他

女性薄毛治療について
HARG(ハーグ)療法・育毛シャンプー
内服薬・外用薬・まつ毛の増毛
コスメについて
エクスターナルシリーズ・プラセンタシリーズ・サプリメントシリーズ
美容点滴
美容注射について
にんにく注射、ビタミン注射、プラセンタ注射、最強美白点滴、美容カクテル、ダイエット点滴
サプリメント
内服薬・外用薬について
サプリメント、内服薬、食欲抑止剤
外用薬
その他
(でべそ・ピアス)について
でべそ
ピアス穴あけ
ピル外来
  • スタッフブログ
  • @okayamachuoh
  • Facebookもチェック
  • instagram
  • 友達追加で最新情報をいち早くお知らせ@okayama-chuoh
  • 保護者同意書ダウンロード
  • 医師募集