二重整形“切開法”と“埋没法”徹底比較 | 美容外科 美容整形 医療レーザーの岡山中央クリニック

0120-088-460受付時間:9:30−19:00診療時間:10:00−18:00

カウンセリング予約 メール相談

二重整形“切開法”と“埋没法”徹底比較

二重整形を希望する人が増えています

二重の女性
美容整形の中でも圧倒的にニーズが多く、人気がある施術は目の二重整形です。

ユーチューバーやインスタグラマーが堂々と二重整形を告白するケースが増えたことも手伝ってか、二重整形はひと昔前よりずっと身近なものとして定着しつつあります。


また近年の美容医療の発展により、手軽で自然な仕上がりを実現できる“二重形成術”の方法や選択肢が広がりを見せ、二重整形を希望する人口は年々増加しているのです。

そこで、今回は、二重形成手術の代表格
“埋没法”と“切開法”について、特徴などを比較しながら、
詳しく解説したいと思います。





埋没法とは

埋没法は、より手軽に受けられる二重形成術で、いわゆる“プチ整形”の部類に属します。

糸を用いて皮膚の二重のくぼみの線をクセづけする方法です。

医療用の極細な特殊糸で、瞼の裏側から二重の線に皮膚を固定します。


埋没法のイラスト





埋没法のメリット


1 メスを使わない、切らない→腫れが少ない、傷跡が残らない。

2 施術時間が短く(平均20分〜30分)、日帰りで行える。

3 術後の腫れによるダウンタイムが少なく社会生活への影響が少ない。
 (術後およそ1週間で腫れは治まる。)

4 術後に通院する必要がない。

5 仕上がりが気に入らない場合でも元に戻すことが可能。

6 費用も比較的リーズナブル。





埋没法のデメリット


1 幅の広いくっきりとした二重を形成するのは難しい。

2 固定した糸が外れれば、元に戻ってしまう。(永久的ではない。)

3 たるみのある瞼や腫れぼったい瞼の方には適していない。





切開法とは

切開法は、二重ラインをメスによって切開し、二重を形成しながら縫合する二重形成術です。

幅の広いくっきりした二重を希望される方や、元々瞼の脂肪が多く皮膚が分厚い方に適した方法です。

また歳を重ねたエイジング世代で皮膚にたるみがある方でも、余分な皮膚を切除しながら二重形成を行うことができます。


切開法イラスト





切開法のメリット


1 術後、半永久的に二重を保つことができる。

2 幅の広いくっきりとした二重になれる。

3 同時に“たるみ”や“脂肪”も除去できるので、若返りや腫れぼったさの解消も期待できる。

4 加齢により皮膚がたるんで視界が悪くなる“眼瞼下垂”の症状も同時に改善できる。





切開法のデメリット


1 メスを使う切開手術なので、腫れや傷口が修復するまでにダウンタイムが必要。(約1ヶ月)

2 術後、抜糸のための通院が必要。

3 仕上がりが気に入らない場合でも、修正が困難。



以上、「埋没法」と「切開法」について比較してみました。

どちらの方法にもメリット・デメリットがあり、どちらがより優れた二重形成術かを断言することはできません。

重要なのは、その特性を十分に理解し、ご自分に適した二重形成術を選択するということです。





当院の「埋没法」はここがスゴイ!

一般的な“埋没法”は、瞼の表面に針穴が残ってしまうことや、持続性が低いために約50%の確率で元に戻ってしまうというデメリットを抱えています。

当院では、この埋没法のデメリットを克服するために、ベーシックとシークレットの2種類の“埋没法”を採用しています。



埋没法ベーシック


埋没法ベーシックのイラスト

一般に広く行われている“埋没法”は2点・3点留めが主流ですが、ベーシックは二重を留める点数を多くすることで、糸への負担を軽減し、持続性を高めることができます。当院では8点留めを推奨しています。



埋没法シークレット


埋没法シークレットのイラスト

通常の“埋没法”は上瞼の表面に針穴が数カ所残るため、その凹みにアイメイクが入り込むので、術後しばらくはメイクができないというデメリットがあります。

その悩みを全て解消したのが、埋没法シークレットです。シークレットでも8点まで留めることができますので、ご相談ください。

また当院では糸を埋没させる部位に数ミリの切開を加えることで、より早い糸の安定と高い持続性を実現する“マイクロカット法”もご用意しています。

当院は、患者様が納得いくまで入念なシミュレーションを行い、理想の二重瞼の実現に尽力いたします。二重整形をご検討の方はぜひ一度相談ください。



当院の「二重整形」詳しくはこちら→

まずは無料相談へ→








記事監修:岡山中央クリニック

クリニックのご案内

住所
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1丁目2-1MKビル1F
(JP岡山駅から徒歩3分)
電話番号
0120-088-460
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)

岡山中央クリニック当院は完全予約制となっております。お電話・インターネットよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ0120-088-460
  • インターネットでのお問い合わせカウンセリング予約 メール相談

診療内容

お肌

しみ・そばかす・美肌・肝斑・色素沈着について
光治療
レーザー治療
アクシダーム
ベビーピール・ミックスピール プラス
ダーマペン ÜBER
肝斑の治療
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
ニキビ・ニキビ跡について
ダーマペン ÜBER
ベビーピール
ミックスピール プラス
ピコフラクショナルレーザー
しわ・たるみについて
マイクロボトックスリフト
ヒアルロン酸注入
ミラクルショット
ボツリヌストキシン注射
フィラーリフト
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
糸によるリフト
ピコフラクショナルレーザー
メディオリフト
目尻を上げる
フェイスリフト
脱毛について
医療レーザー脱毛
男性用脱毛
タトゥー除去・ほくろ
リストカットについて
ほくろ、イボ(レーザー治療、切開法、電気凝固法)
タトゥー除去
リストカット、根性焼き(傷跡修正)

ボディ

豊胸・バストについて
1dayバストアップ/プチ豊胸/脂肪注入
豊胸手術/バッグ入替
乳房再建(失った胸を再現)
陥没乳頭/乳頭縮小/乳輪縮小
乳房挙上、乳房縮小
瘦身・ダイエットについて
ウルトラダイエット
インナーB(脂肪溶解注射)
アクシダーム
脂肪吸引
ふくらはぎ瘦身注射
食欲抑制剤
わきが・多汗症について
汗止め注射、わきが、多汗症手術、ビューホット
婦人科形成について
婦人科治療
切らない膣縮小(尿失禁治療)

目元・二重について
二重まぶた(埋没法)
二重まぶた(切開法)
上まぶたの脂肪取り
二重を広くする・二重の修正
目幅を広くする(目頭切開)
眼瞼下垂
涙袋をつくる
目元のたるみ・クマについて
目の上・上まぶたのたるみ取り
目の下・下まぶたのたるみ取り
上まぶた、下まぶたのくぼみ
クマ取り(下まぶたの脂肪取り)
鼻・あごについて
鼻を小さくする(BNLS)
鼻を高く・プロテーゼを入れる・耳軟骨移植
団子鼻
小鼻縮小
小鼻の広がりを抑える
(ボツリヌストキシン注射)
わし鼻
プロテーゼ入替
鼻尖形成(オステオポア)
小顔・輪郭形成について
こめかみ形成(エランセEタイプ 4年持続)
ホホをふっくらさせる(ヒアルロン酸注入)
BNLS注射
アクシダーム
エラ筋肉抑制注射
小顔リフト(糸リフト)
その他
(口唇・耳)について
ガミースマイル
立ち耳
唇を薄く・唇を厚く
ヒアルロン酸分解

その他

女性薄毛治療について
HARG(ハーグ)療法・育毛シャンプー
内服薬・外用薬・まつ毛の増毛
コスメについて
エクスターナルシリーズ・プラセンタシリーズ・サプリメントシリーズ
美容点滴
美容注射について
にんにく注射、ビタミン注射、プラセンタ注射、最強美白点滴、美容カクテル、ダイエット点滴
サプリメント
内服薬・外用薬について
サプリメント、内服薬、食欲抑止剤
外用薬
その他
(でべそ・ピアス)について
でべそ
ピアス穴あけ
ピル外来
  • スタッフブログ
  • @okayamachuoh
  • Facebookもチェック
  • instagram
  • 友達追加で最新情報をいち早くお知らせ@okayama-chuoh
  • 保護者同意書ダウンロード
  • 医師募集