小陰唇肥大の原因、悪化やトラブルを避ける対策 | 美容外科 美容整形 医療レーザーの岡山中央クリニック

0120-088-460受付時間:9:30−19:00診療時間:10:00−18:00

カウンセリング予約 メール相談

小陰唇肥大の原因、悪化やトラブルを避ける対策

最終更新日:
公開日:

小陰唇の大きさの悩み

女性器のビラビラの部分が大きすぎて気になる…

小陰唇がはみ出していて下着に擦れて痛い…

左右の大きさがバラバラでコンプレックスになっている…



このような小陰唇の大きさや形に関するお悩みの相談を当院でもよく受けます。


女性の写真

日本人女性の小陰唇の大きさの平均は、厚みが1〜1.5㎝、縦の長さは4〜5㎝ほどとされていますが個人差が大きく、医学的にも小陰唇の大きさに関しては、どこまでが正常でどこからが異常という定義もありません。

問題なのは、ご自身が見た目にコンプレックスを感じている、あるいは日常生活の中で不具合やトラブルを抱えているという点です。

今回は小陰唇肥大の原因や対策方法についてお話します。





小陰唇が肥大する原因

小陰唇はなぜ大きく肥大してしまうのか?

その原因は主に4つあるとされています。



原因1 先天性による肥大


小陰唇の大きさは、身長や手足の大きさに個人差があるように、生まれ持った遺伝子の影響が大きいとされています。先天性による小陰唇肥大は、リンパ管奇形やホルモンバランス異常が深く関係しており、女性の身体が大きく成長する思春期以降に顕著になってくる傾向にあります。



原因2 ホルモンバランスの変化による肥大


女性は、思春期・妊娠出産・更年期というタイミングでホルモンバランスが大きく変化します。女性器である小陰唇は女性ホルモンの変化の影響を受けやすく、そのタイミングで大きく肥大したり、しぼんだり、垂れさがったりと変化します。



原因3 老化による変化


女性器にも肌老化が生じます。皮膚のコラーゲンの減少によりハリを失うことで垂れやすくなり、肥大しているように感じるケースがあるようです。



原因4 アトピー性皮膚炎・外傷・リンパ浮腫・象皮症などによるもの


アトピー性皮膚炎による炎症を繰り返す過程で、肥大が戻らなくなってしまったというケースがあります。また、外傷がきっかけとなり形状が変わってしまうことも。それ以外にも陰部のリンパ浮腫・象皮症が原因で肥大したという症例もあります。







小陰唇肥大を悪化させない対策

小陰唇肥大が悪化すると・・・


恥垢が溜まりやすくなり、雑菌が繁殖してしまう

痛みや違和感を感じるようになる

排尿がしにくくなる

摩擦による色素沈着で黒ずんでしまう



といったトラブルが起こるようになります。

小陰唇肥大を悪化させないためには、できるかぎり陰部への摩擦や負担がないように工夫することが重要です。


女性の下着


具体的には、下着は締め付け感のないものや肌に優しい素材でできたものをチョイスすることや、座りっぱなし・自転車のサドルに乗るなど、陰部を圧迫し続ける行動を避けることなどがあげられます。







治療すべき「小陰唇肥大」の症状とは

自分の「小陰唇肥大」が治療すべき症状なのかを相談される方がいらっしゃいますが、肥大の程度に関わらず、ご自身が日々感じている症状や悩みの度合いを重視することが大切です。

痛みや違和感、炎症の繰り返しなどの自覚症状がある、もしくは小陰唇の大きさや形状にコンプレックスをお持ちであれば、迷わず「小陰唇縮小術」を検討されることをおすすめします。


女性のイラスト



日帰りで出来る!当院の小陰唇縮小術

小陰唇縮小術は、不要な小陰唇の組織を取り除き、形を美しく整える手術です。

当院の小陰唇縮小術は


1仕上がりが自然

2傷跡が目立たない

3同時に左右のバランスも調整可能



といったメリットがあります。


施術の所用時間は30分〜40分と短く、日帰りが可能です。

縫合には医療用の体内で溶ける糸を使用しているので、抜糸の必要もありません。

デリケートな女性器の悩みですが、当院では専門の女性カウンセラーが丁寧にご相談に応じますので、ぜひお気軽にご連絡、ご相談ください!

当院の「小陰唇縮小手術」詳しくはこちら→



まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。








記事監修:岡山中央クリニック

クリニックのご案内

住所
〒700-0026 岡山県岡山市北区奉還町1丁目2-1MKビル1F
(JP岡山駅から徒歩3分)
電話番号
0120-088-460
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)

岡山中央クリニック当院は完全予約制となっております。お電話・インターネットよりお気軽にお問い合わせください。

  • お電話でのお問い合わせ0120-088-460
  • インターネットでのお問い合わせカウンセリング予約 メール相談

診療内容

お肌

しみ・そばかす・美肌・肝斑・色素沈着について
光治療
レーザー治療
アクシダーム
ベビーピール・ミックスピール プラス
ダーマペン ÜBER
肝斑の治療
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
ニキビ・ニキビ跡について
ダーマペン ÜBER
ベビーピール
ミックスピール プラス
ピコフラクショナルレーザー
しわ・たるみについて
マイクロボトックスリフト
ヒアルロン酸注入
ミラクルショット
ボツリヌストキシン注射
脂肪注入
フィラーリフト
バイオリバイタライジングピーリング(PRX-TR33)
糸によるリフト
ピコフラクショナルレーザー
メディオリフト
目尻を上げる
フェイスリフト
脱毛について
医療レーザー脱毛
男性用脱毛
タトゥー除去・ほくろ
リストカット・帝王切開痕について
ほくろ、イボ(レーザー治療、切開法、電気凝固法)
タトゥー除去
リストカット、根性焼き(傷跡修正)
帝王切開痕の治療

ボディ

豊胸・バストについて
1dayバストアップ/プチ豊胸/脂肪注入
豊胸手術/バッグ入替
乳房再建(失った胸を再現)
陥没乳頭/乳頭縮小/乳輪縮小
乳房挙上、乳房縮小
瘦身・ダイエットについて
ウルトラダイエット
インナーB(脂肪溶解注射)
アクシダーム
脂肪吸引
ふくらはぎ瘦身注射
食欲抑制剤
わきが・多汗症について
汗止め注射、わきが、多汗症手術、ビューホット
婦人科形成について
婦人科治療
切らない膣縮小(尿失禁治療)
大陰唇ヒアルロン酸注入・大陰唇脂肪注入手術

目元・二重について
二重まぶた(埋没法)
二重まぶた(切開法)
上まぶたの脂肪取り
二重を広くする・二重の修正
目幅を広くする(目頭切開)
眼瞼下垂
涙袋をつくる
目元のたるみ・クマについて
目の上・上まぶたのたるみ取り
眉下リフト
目の下・下まぶたのたるみ取り
上まぶた、下まぶたのくぼみ
クマ取り(下まぶたの脂肪取り)
脂肪注入
鼻・あごについて
鼻を小さくする(BNLS)
鼻を高く・プロテーゼを入れる・耳軟骨移植
団子鼻
小鼻縮小
小鼻の広がりを抑える
(ボツリヌストキシン注射)
わし鼻
プロテーゼ入替
鼻尖形成(オステオポア)
小顔・輪郭形成・脂肪溶解注射について
こめかみ形成(エランセEタイプ 4年持続)
ホホをふっくらさせる(ヒアルロン酸注入)
BNLS注射
アクシダーム
エラ筋肉抑制注射
小顔リフト(糸リフト)
その他
(口唇・耳)について
ガミースマイル
立ち耳
唇を薄く・唇を厚く
ヒアルロン酸分解

その他

女性薄毛治療について
HARG(ハーグ)療法・育毛シャンプー
内服薬・外用薬・まつ毛の増毛
コスメについて
エクスターナルシリーズ・プラセンタシリーズ・サプリメントシリーズ
美容点滴
美容注射について
にんにく注射、ビタミン注射、プラセンタ注射、最強美白点滴、美容カクテル、ダイエット点滴
サプリメント
内服薬・外用薬について
サプリメント、内服薬、食欲抑止剤
外用薬
その他
(でべそ・ピアス)について
でべそ
ピアス穴あけ
ピル外来
  • スタッフブログ
  • @okayamachuoh
  • instagram
  • 友達追加で最新情報をいち早くお知らせ@okayama-chuoh
  • 保護者同意書ダウンロード
  • 採用情報
  • 医師募集